チェコ語翻訳家、木村有子の部屋へ
ようこそ!
Vitam vas do blogu prekladatelky
Yuko Kimura v Japonsku.
チェコや絵本の話を
取り上げます。

教文館ナルニア国で講演をしました!


途中で、ヨゼフ・コジーシェク作、ズデネック・ミレル絵の『ありさん、あいたたた...』(ひさかたチャイルド)( Polamal se mravenecek )を山の木文庫の荒木たくみさんと組んで読みました。私がまず原書の蛇腹絵本を持ってチェコ語で読み、1ページごとに荒木さんが私の翻訳本の日本語を読みました。みなさん、とっても熱心に聞き入ってくださいました。



サイン会の時に、思わぬ人が来てくださいました!「いわさきちひろ美術館」の知り合い、千葉でお世話になっていた素話の会「くるみの会」代表の方。
初めてお会いしたのは、神戸の絵本関係者、横浜でカレル・チャペックの朗読をしている方。

サイン会の一番後ろに並んでいたのは、水戸黄門やNHKどーもくんの脚本、絵本『ハシビロコウのはっちゃん』の作者でもある、脚本家よしだあつこさんとおっしゃる方でした。「ファンなんです〜。やっとお会いできました〜。写真一緒に撮っていいですか」と言われて私がびっくり!チェコ人と関西人は、言葉のキャッチボールの仕方が少し似ている、と私が言ったことで、「自分がなぜチェコの絵本やアニメが好きなのか今日腑に落ちました。嬉しい!」と言われました。



絵本の話をして、聴き手が笑顔になって、私も笑顔になって、絵本を手にサインに並ぶ人の幸せそうな顔を見て、私も幸せな気持ちになりました!!

ご来場のみなさま、教文館ナルニア国のスタッフのみなさま、岩波書店、偕成社のみなさま、ありがとうございました。
| 絵本にまつわる話 | 18:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
10/15(日)教文館ナルニア国で講演会&こいぬとこねこマスキングテープ(非売品)応募券岩波少年文庫2冊で
"チェコの子どもの本いま・むかし"〜チャペック兄弟から現代作家まで〜

10月15日(日)、教文館ナルニア国で講演があります。
特別に『こいぬとこねこのおかしな話』の本にもプレゼント帯をつけてくださるそうです!2枚送ると、必ずマスキングテープがもらえるんですって!



講演を聴いて、プレゼント帯つき岩波少年文庫を買って、サインをもらって、マスキングテープをもらうって、とってもお得ね、とこねこが言いそうです。
詳しくは、教文館ナルニア国のサイトをご覧ください!
http://www.kyobunkwan.co.jp/narnia/archives/weblog/dac85cf
| チェコに関する話題 | 22:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
9/29(金)19時〜チェコフェスティバル@KITTEでトークをします
岩波書店児童書編集部が、チェコフェスティバルと、明日19時からチェコフェスティバルで私が行うトーク「チェコの絵本の魅力」について、ツイートしてくださいました!
新刊書『こいぬとこねこのおかしな話』(岩波書店)、『どうぶつたちがねむるとき』(偕成社)やその他翻訳書も代官山蔦屋書店が販売をします。
そういえば、明日はプレミアムフライデーなんですね!仕事は早目に切り上げて、ぜひKITTEのチェコフェスティバルへ!!
チェコビールやワインもお待ちしていますよ〜。
          ***
岩波書店児童書編集部ツイートより
https://twitter.com/IwanamiJidosho
本日9/28から,東京駅前のJPタワーKITTE地下1階で「チェコフェスティバル2017」がスタート.
http://tokyo.czechcentres.cz/program/more/cesky-festival-2017-v-tokiu-jp/
9/29(金)19時からは翻訳者・木村有子さんのトークもあります.プレミアムフライデーにチェコを楽しんでみてはいかがでしょう.
| チェコに関する話題 | 23:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
10/15 (日)銀座教文館ナルニア国で講演があります!


銀座教文館ナルニア国で、講演会のチラシを作ってくださいました。本を手に取りたくなる秋。ぜひ、お誘いあわせの上お越しください。
(以下は、チラシより)
           
           ***

ナルニア国秋の講演会

木村有子さん講演会 ”チェコの子どもの本いま・むかし”〜チャペック兄弟から現代作家まで〜

今年、チェコの作家による鍼灸の2冊の子どもの本ー『こいぬとこねこのおかしな話』(ヨゼフ・チャペック作/岩波書店)、『どうぶつたちがねむるとき』(イジ―・ドヴォジャーク作、マリエ・シュトゥンプフォヴァー絵/偕成社)ーが、木村有子さんの翻訳で刊行されました。『こいぬとこねこのおかしな話』の原書は 1929年の発売以来、今でもずっと国民に愛されています。子どもの頃に暮らした異国での体験や、チャペック兄弟から今にいたるチェコの子どもの本について、木村有子さんにお話を伺います。


《日時》10月15日(日)午後2時〜3時半
《会場》銀座教文館ナルニア国内ナルニアホール
《定員》40名
《参加費》1,000円 *当日受付でお支払いください

【お申し込み方法】お電話で。
電話番号:03−3563−0730(午前10時〜午後8時)
*1コール1名様のみ

講演会終了後にはサイン会があります。

教文館公式サイト
http://www.kyobunkwan.co.jp/narnia/archives/weblog/18610
| - | 16:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
9/29チェコフェスティバル@KITTEでチェコの絵本の魅力を語ります
czech festival

秋らしい季節になりましたね。久しぶりのブログの更新です。

夏の間の約1ヵ月間、プラハに滞在し、児童文学の作家や編集者と会い、書店をまわって本を探しました。あっという間の日々でしたので、1年とおかず、またプラハに行きたいところです。

さて今日は、すぐにチェコへ旅立てない方にとってもチェコを感じていただけるイベントのお知らせです。
KITTEでは、昨年に引き続き今年もチェコフェスティバルが開催されます。

《日時》9月28日(木)〜10月1日(日)
    10:30〜19:30
《場所》JPタワーKITTE地下1階
東京シティアイ パフォーマンスゾーン(東京駅直結)

チェコの雑貨や商品、ビールやワイン、チェコ関連の書籍の販売があります。
毎日ステージでは、チェコ音楽のコンサートやアニメーション、トークショーなどのプログラムでお楽しみいただけます。今年は、モラヴィアからツィンバロンバンドがやってきますので、会場を盛り上げてくれることでしょう!

私も、今年はトークショーに出ることになりました。
日時は、9月29日(金)19:00〜約20分

今年、『こいぬとこねこのおかしな話』(岩波書店)と、『どうぶつたちがねむるとき』(偕成社)の新刊が出ましたので、そのサイン会もトークイベントのあとに行います。お仕事の帰りや、出張のついでに、ぜひ東京駅近で便利なKITTEのチェコフェスティバルに足をお運びください!時間が許す限り、トークショーにお越しいただいだ方とお話させていただきたいなあ、と思っています。

プログラムを詳しく御覧になりたい方は、下記URLでお確かめください。

KITTEのサイト
http://jptower-kitte.jp/topics/416.html

チェコフェスティバル公式サイト
http://czechculture2017.jp/cf2017.html
| チェコに関する話題 | 15:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • 「世界ふれあい街歩き」チェコ編
    はしばきょうこ (07/16)
  • 「もぐらのクルテク」アニメーション、ついにNHK BSプレミアムで放送!
    prahakko (03/25)
  • 「もぐらのクルテク」アニメーション、ついにNHK BSプレミアムで放送!
    roko (03/25)
  • 公開講座「チェコへようこそ!」フタを開けてみれば・・・
    prahakko (02/14)
  • 2月4日の公開講座「チェコへようこそ!」@朝日カルチャーセンター千葉
    prahakko (02/14)
  • 2月4日の公開講座「チェコへようこそ!」@朝日カルチャーセンター千葉
    prahakko (02/14)
  • 公開講座「チェコへようこそ!」フタを開けてみれば・・・
    ともとも (02/10)
  • 2月4日の公開講座「チェコへようこそ!」@朝日カルチャーセンター千葉
    きよみん (02/07)
  • 2月4日の公開講座「チェコへようこそ!」@朝日カルチャーセンター千葉
    roko (02/04)
  • 2月4日の公開講座「チェコへようこそ!」@朝日カルチャーセンター千葉
    prahakko (02/02)
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ