チェコ語翻訳家、木村有子の部屋へ
ようこそ!
Vitam vas do blogu prekladatelky
Yuko Kimura v Japonsku.
チェコや絵本の話を
取り上げます。

<< 3/29 目白図書館で「チェコのお話会」があります! | main | 6/9(土)トークイベント「もぐらくんとゆかいな仲間たち〜チェコの絵本と旅のおはなし〜」 >>
「チャペック兄弟と子どもの世界〜20世紀はじめ、チェコのマルチアーティスト」展のオープニングへ
現在開催中の「チャペック兄弟と子どもの世界〜20世紀はじめ、チェコのマルチアーティスト」展のオープニングが6日にあり、松濤美術館へ行って参りました。

内覧会は駆け足でしたが、昨年出版された『こいぬとこねこのおかしな話』ヨゼフ・チャペック作、絵(岩波少年文庫)の原画に、こんなに早く対面できるとは思っていなかったので、感激もひとしおでした。

『長い長いお医者さんの話』カレル・チャペック作、ヨゼフ・チャペック絵(岩波少年文庫)を子どもの頃に読んだ方には、原画はなつかしい思い出を呼び起こすことでしょう。個人的には、子どもの頃日本語で読んで大好きになった『魔女のむすこたち』カレル・ポラ―チェク作、ヨゼフ・ラダ絵、小野田澄子訳(岩波書店)の原画を見て、ありし日の本の記憶がよみがえりました。
初めて見る、ヨゼフの切手のデザイン(実現されなかった)も秀逸です。

何よりも、絵から伝わる純真さ、やさしさに心打たれました。大人の欲やどす黒い心など、木っ端みじんにするような力強さを放っていると感じました。ヨゼフの弟カレル・チャペックの、『ダーシェンカ』の原画と写真に、兄とは違うものの、作家でありなおイラストも描き、写真絵本を作ったカレルのセンスの良さに、改めて感心しました。
ヨゼフ・チャペックの油絵、本の挿絵、スケッチ、切手のデザイン、と多岐にわたる創作活動の紹介と、カレル・チャペック作の『ダーシェンカ』など犬のイラスト原画、写真、とたいへん貴重な作品の展示がされていますので、どうぞお見逃しなく!

松涛美術館
http://www.shoto-museum.jp/
| - | 00:14 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.ceska-japonka.com/trackback/1611532
CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • 「世界ふれあい街歩き」チェコ編
    はしばきょうこ (07/16)
  • 「もぐらのクルテク」アニメーション、ついにNHK BSプレミアムで放送!
    prahakko (03/25)
  • 「もぐらのクルテク」アニメーション、ついにNHK BSプレミアムで放送!
    roko (03/25)
  • 公開講座「チェコへようこそ!」フタを開けてみれば・・・
    prahakko (02/14)
  • 2月4日の公開講座「チェコへようこそ!」@朝日カルチャーセンター千葉
    prahakko (02/14)
  • 2月4日の公開講座「チェコへようこそ!」@朝日カルチャーセンター千葉
    prahakko (02/14)
  • 公開講座「チェコへようこそ!」フタを開けてみれば・・・
    ともとも (02/10)
  • 2月4日の公開講座「チェコへようこそ!」@朝日カルチャーセンター千葉
    きよみん (02/07)
  • 2月4日の公開講座「チェコへようこそ!」@朝日カルチャーセンター千葉
    roko (02/04)
  • 2月4日の公開講座「チェコへようこそ!」@朝日カルチャーセンター千葉
    prahakko (02/02)
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ