チェコ語翻訳家、木村有子の部屋へ
ようこそ!
Vitam vas do blogu prekladatelky
Yuko Kimura v Japonsku.
チェコや絵本の話を
取り上げます。

<< りんご箱文庫が始まりました「木村有子の なつかしいチェコの絵本たち」11月2日〜22日 | main | カレル・チャペック「郵便屋さんの話」を翻案したミュージカル”POST” >>
「日本人が見たベルリンの壁崩壊」明日開講します
11月11日に朝日カルチャーセンター立川で行われた
「世界遺産で学ぶー旅のチェコ語」にお越しいただいた
みなさん、ありがとうございました。

年末年始にチェコへ行くという方も参加され、
「この講座はびったりですね!」と言って
しまいました。
みなさんの熱意を見て、これならば
プラハを楽しく自由に歩けるだろうなあと思いました。

プラハ歴史地区を歩いていると想像しながら、
道を聞いたり、ビアホールでビールを注文したりと、
実践的な会話の練習を中心にした講座は、
朝日カルチャーセンター千葉でも行いましたが、
また機会があればどこかで開催したいと思います。
(条件を伺った上で出張も)
   
     ***

さて、テーマはガラッと変わって、
明日16日の13:00〜、朝日カルチャーセンター千葉で
「日本人が見たベルリンの壁崩壊」の公開講座があります。
開講が決まっています!

資料として書棚から引っ張りだしてきたベルリン関係の
本や資料、写真で部屋の中は一杯です。
そして、明日はどんな話しをしようかと思いを巡らしています。


1989年の11月9日、西ベルリンに暮らしていた私達夫婦は、
ベルリンの壁が開いた!というニュースを聞いて
町へ飛び出して行きました。するとそこで見た風景は・・・
そして、ベルリンの壁崩壊の後、東欧に吹き荒れた革命は・・・

実際に体験した出来事を中心に、ベルリンの壁とはどんな物だったのか、
崩壊前の東西ベルリンの様子、崩壊後のベルリンの変化、
豊富な写真とDVD、当時ベルリンで発行された雑誌などの資料と共に、
見ていきます。

来年で、ベルリンの壁崩壊から25年になります。
東西冷戦の象徴だったベルリンの壁について、今振り返って
一緒に考えてみませんか。

朝日カルチャーセンター千葉
http://www.acc-c.com/culture/
| そのほか | 10:44 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.ceska-japonka.com/trackback/1611477
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • 「世界ふれあい街歩き」チェコ編
    はしばきょうこ (07/16)
  • 「もぐらのクルテク」アニメーション、ついにNHK BSプレミアムで放送!
    prahakko (03/25)
  • 「もぐらのクルテク」アニメーション、ついにNHK BSプレミアムで放送!
    roko (03/25)
  • 公開講座「チェコへようこそ!」フタを開けてみれば・・・
    prahakko (02/14)
  • 2月4日の公開講座「チェコへようこそ!」@朝日カルチャーセンター千葉
    prahakko (02/14)
  • 2月4日の公開講座「チェコへようこそ!」@朝日カルチャーセンター千葉
    prahakko (02/14)
  • 公開講座「チェコへようこそ!」フタを開けてみれば・・・
    ともとも (02/10)
  • 2月4日の公開講座「チェコへようこそ!」@朝日カルチャーセンター千葉
    きよみん (02/07)
  • 2月4日の公開講座「チェコへようこそ!」@朝日カルチャーセンター千葉
    roko (02/04)
  • 2月4日の公開講座「チェコへようこそ!」@朝日カルチャーセンター千葉
    prahakko (02/02)
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ